学校事務求人ガイド【※転職サイトランキング・最新版】

学校事務の求人の探し方

学校事務の求人はそれほど多く出回る事がないので、転職サイトに登録してタイミングを逃さないようにする必要があります。リクルートエージェントでは学校事務の求人も保有しています。

求人案件の紹介以外にも、採用率を高めるための履歴書作成のアドバイスや面接対策までサポートしてもらえるので、転職活動で利用しない手はないですよね。

学校事務の求人は大手転職サイトで見つかる!

  サービス名 利用料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
・業界トップの求人数を誇る転職サイト。リクルート経由での転職で年収UP率も期待できます
・知名度抜群でハイキャリアへの転職支援もサポート。人気の学校事務職も非公開で豊富に保有
・年間転職実績NO1の転職支援サイト。幅広いジャンルの求人を保有し企業とのパイプも強い。
・登録者のみが非公開求人をいち早くGET出来る!応募者殺到の案件もアドバイザーが完璧サポート
履歴書の書き方から面接でのPR法を伝授。採用率を高めるノウハウを知る事ができます。
・スケジュール調整、応募先との条件交渉もしっかりと代行!転職に伴う全てのサポートが実現します。
・求人情報・採用ページだけでは確認できない情報もしっかりとリサーチ&提供するから失敗なし!
・人気案件も各業界に精通した頼れるエージェントがしっかりとフルサポートしてくれます。


マイナビエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
・良質な求人を豊富に保有。総合型の転職エージェントで応募者殺到の人気求人も多数保有
・マッチング精度が非常に高い!求職者の希望に沿った求職者に最適な案件をマッチングしてくれます。
・各業界に精通のキャリアコンサルタントの質が高い。サービスが行き届き失敗のない求人選びを提案。
・30年の歴史と実績を誇るマイナビエージェントはプロの観点から失敗のない転職へ導いてくれます。
応募者殺到の人気案件。一般には見る事のできない非公開求人を多数保有しています。
・求人情報では知り得ない情報もしっかりとリサーチ。転職支援におけるサポートが非常に手厚い。
・採用率を高められる履歴書作成サポート。サービス内容も求職者視点で充実し満足度も非常に高い!
事務職にも強いマイナビは独自のネットワークで幅広い案件を保有。スカウトシステムも好評。


DODA 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
キャリアコンサルタントのサポートが手厚い!マンツーマンサポートで人気求人の採用率もUP
・様々な機能が設けられ自分分析も冷静に出来る。自分にあった仕事探しができる
・転職におけるノウハウを学習できる。転職に必要な転職術をしっかりと学ぶ事ができます。
・人気・応募者殺到の非公開求人も多数保有。学校事務求人も多く素早く情報を入手できます。
・常に新しい情報を知る事ができる!情報力が非常に高く転職に伴う情報をいち早くキャッチできます。
・スカウトサービスも充実。履歴書登録で適した求人がスピーディーにGETできます。
・合格診断サービスも大人気!自分のスキルに合った求人を認識できるから採用率も高められる
・マイナビが保有する求人の9割は非公開求人。人より早く情報を入手し素早いアクションが可能。


学校事務の求人は出にくい?

学校事務は事務職の一つで、学校法人に勤務し、学校の様々な運営業務に関わるお仕事です。経理やデータ入力などの一般的な事務作業のほか、学校行事などのスケジュール調整や資料作成、場合によっては人事業務などにも関わります。学費の支払いチェックや学生の転校・入学に関する処理なども学校事務の仕事で、業務範囲は非常に広く、やりがいのある仕事です。公立の学校であれば、学校事務は地方公務員となるため、安定性を求める方にも向いています。

しかし、学校事務の求人をあまり見かけない、あるいは見たことがない方も多いのではないでしょうか。一般事務とは違い、職場が学校となることから、募集されている求人を目にする機会が限られてくる場合があります。常時募集されている一般企業の求人とは異なるため、学校事務の求人は出にくい、あまり見ないという声も間違いではありません。

学校事務は時期によって求人数が変動します。例えば人事異動の時期になると、欠員を埋めるために募集をかける学校法人があります。新年度への切り替わりをきっかけに退職する方がいるため、一時的に求人数が増えることも珍しくありません。また、年度の途中でも事務員が休職・退職した場合の中途採用、新しく学校が設立される際の新規募集などもあります。学校事務を目指すならば、こまめに求人をチェックすると良いでしょう。

地域による差がある点にも注意が必要です。人口が集中している都市部では求人数が多く、逆に人口の少ない地方では求人もあまり見かけません。これは、その地域の学校数に大きく影響されるためです。都市部では学校数が多く、人手不足解消のため、学校事務の求人を見かける機会も多くなっています。

しかし、教育に力を入れている自治体の場合はこの限りではありません。仮に人口は少なくとも、学校や教育機関が集中しており、それにともなって学校事務の求人も多くなるのです。その自治体にある学校数が求人数を左右するため、学校事務の求人が見つからない場合は、地域にある学校の数を調べ、隣接する自治体と比較してみるのも良いでしょう。

学校事務の勤務先は一般的に学校となるため、一般企業と比べて求人数が多いとは言えません。時期や地域によって変わりますので、普段からチェックするようにしておきましょう。もし学校新設・移設の話が出ているのであれば、真っ先に募集が掛かっていないか確認するなど、日頃からアンテナを張っておくことも大切です。

学校事務への転職成功の秘訣は?

学校事務というお仕事は、安定していることもあって非常に人気が高く注目度も高い職種です。それは、学校という特性上、一般企業のような倒産もなく、リストラなどのリスクもかなり低いといえるからです。また、過酷なノルマが課せられる心配もありません。場合によっては地方自治体の職員扱いとなる場合もあるので、とても安定しているお仕事といって良いでしょう。転職を目指すのであれば、それ相応の準備をしておかなければ採用されるのは決して簡単ではありません。たくさんのライバルと差をつけ、転職を成功に結び付けるにはいくつかのコツが必要です。

そんな難関ともいえる学校事務のお仕事も、まずは求人情報を得ることからスタートします。都道府県のホームページやハローワークに掲載される求人もあれば、私立などは各学校のホームページにしか掲載されないものもあります。それでも、人気の学校ともなればすぐに応募者が殺到するものなので、まずは求人情報を素早く入手することが必要不可欠といえます。

希望の求人を見つけたら、書類選考を突破しなければなりません。書類といえば、何といっても志望動機が決め手となります。なぜ他の学校ではなくその学校で働きたいのか、そこで自分はどのような仕事をして貢献できると考えているのか、といったことを明確に記載するようにしましょう。それには、学校の教育理念などを十分に理解しておく必要があります。学校事務の仕事内容は、お金の管理や教職員の給与管理、来客対応の他、入学試験や入学式などさまざまな行事の運営など、非常に幅広いことが特徴です。地味な仕事ともいえることから、一見、学校の教育理念などとは関わりないとも思われますが、学校の一員として勤務する以上、皆と同じ考えをもって学校を運営していく心構えが必要なのです。

こうして書類選考を突破した後には筆記試験があり、合格すれば集団討論や面接が待ち受けています。集団討論は、議題を与えられて皆で自分の考えをぶつけあっていくわけですが、ここにも採用してもらう学校の教育理念がしっかりと自分の中になければ、討論していくことは難しくなってしまうでしょう。

また、面接の際も同様に学校の教育理念について聞かれることが多いですが、面接ではこれに加えて人となりがチェックされます。教育現場という学校に勤務するのにふさわしい礼儀正しさや責任感があるか、明るさや協調性、十分なコミュニケーション能力があるか、といったことが判断されるのです。

TOP

学校事務の転職の基礎

条件別の学校事務求人

地域別の学校事務求人


Copyright (C) 2014-2017 学校事務求人ガイド【※転職サイトランキング・最新版】 All Rights Reserved.